ブログ

Blog

富岡鉄斎の書2

鉄斎3
前回に引き続き、書道グラフに取り上げられた富岡鉄斎さんの書ですが
書道グラフの書評には、こう記されています。
『書を見るとその境地は、画と全く軌を一にするもので、魁異な書きぶりは見る人をして一驚させる。』
この書評の通り画も、書も、大胆に描かれていて又、その画と書のバランスにより画の躍動感が伝わります。

2014/09/15 15:47 】【 歴史

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

料亭 左阿彌

KYOTO MARUYAMA PARK SAAMI

〒605-0071
京都府京都市東山区円山公園